どっこい、頑張る日本ブランド

ミンダナオ島、ダバオ市。ショッピング・モールでお買い物。そんな時、たまに行くのがピザ・レストランのPizza Hut~ピザ・ハット。

お客さんが混んでてなかなか料理が来ない時・・・・なにげなく取り皿をひっくり返してみてびっくり~!

ここのお皿はみんなNoritake~ノリタケ・フィリピンでした。インターネットで調べてみたら1995年からアイボリーチャイナと言う硬質磁器の生産はノリタケ・フィリピンで始められたようです。

親友の奥さんが佐賀県出身で伊万里のノリタケを私が結婚した時にプレゼントしてくれました。今でも大切に使ってますが、こんな身近にもクオリティの高い製品としてフィリピンの人達の手で作られ受け継がれてる“日本ブランド”があるんですね・・・!

ダバシュー