パーム・サンデー

写真はホーリー・ウイークが始まった最初の日曜日の教会の前です。皆が手に持っているのはパーム椰子の葉を織り込んで作られた十字架です。

ミサの時に神父様が撒くお清めの“聖なる水”Holy Waterの洗礼を待っているのです。

このホーリー・ウイーク最初の日曜日をパーム・サンデーと呼んでます。

イエス・キリストが処刑される事を知りつつも全ての人の罪を贖うためにエルサレムの町に入った時、人々はパーム椰子の葉をイエス・キリストの通る道に敷き詰めた、と云われてます。

あれから2000年後を生きる私たちは“聖なる水”で清められたこの十字架を家に持ち帰って飾り1年間、次のイースターまで家族を守ってください・・・と祈るのです。

ダバシュー