寅さんからのさみぃメール

ginte2_davalos_1_16_2009.jpg


ここ数日、日本列島冷蔵庫状態です。
東京でも最低気温1℃ 昼過ぎにやっと7℃
ビルとビルの間や道路などの人工空間がTOKIOの風の道
乾いてキンキンに冷えた風がピューと体感温度を急降下
耳たぶの先にも痛覚神経があるのを思い知らせてくれます。
みんな急ぎ足。地下鉄の駅でホッとします。
でも、耳たぶが痛いくらい寒いとガキの頃の光景が浮かぶのが不思議。
一緒に遊んでいた大治郎は氷点下都市バンクーバーで笑うでしょうね。

PS.マキへ『1974 HOBO’S CONCERTS VII~虹の橋をわたる~ 』CD一昨日投函しました。

ダバ様、

寅さん(林裕之:元銀河鉄道のマネージャー兼作詞担当)からさみぃメールが届きました。東京やカナダはとてもさみそうですね。
南の島は年間を通じて、「暑いか、もっと暑いか」てな、まっつぐな気候のようですが、こつらロサンゼルスも今週は「暑中見舞い」のハガキを出したくなるよな最高気温34℃。 

まっつぐな真夏日が続いています。(先週までの石油ストーブがほしいなんて言っていたのに.. 完ぺきな異常気象です)
上の写真はGINTE2「遥かな風ーアカシアの木下で」のCD中ジャケを撮った所の裏の小川です。

暑かった一日の終わり、マキ・ミュージックのオフィスからの帰りに橋の上で涼んでいました。

キンキンに冷えた風がピュー東京にお住まいの寅さん、
昨年のGINTE2里帰りライブではお世話になりました。特にラカーニャさんライブの時は、不慣れなグリーター(受付)までやって頂き本当にありがとう。今年の里帰りライブツアーの時もサポートをよろしくお願いします。

ヨシオ