音楽の楽しみ

davalos_6_6_2013
頂き物自慢~! ピアノの計算機。楽器クリップ&Gクリフ・クリップ。そしてリコーダーの付箋。どれも、これも楽しい~。音楽には色んな要素があるけど・・・・その中でも大切なひとつは“楽しむ”事ですよね。人それぞれ、物それぞれ、色々な楽しみ方が・・・・「あってもいいじゃないか!」

ダバシュー

みんな、おめでと~!!

ginte2_4_16_2013
卒業シーズンのフィリピン。ワタシの関わるフィリピン日系人会インターナショナル・スクールでも終業式、卒業式と続きました。この学校は日系人だけじゃなく現地フィリピンの子供たちが70パーセントを占め幼稚園、小学校、4年制高校(日本の中学)で1300人以上が通ってる学校です。

その子供たちの終業式と卒業式のために高校の音楽教師バレリー先生とで2日間、コーラスの伴奏をしました。終業式・卒業式ともにフィリピン国家に続き「君が代」が流れます。

卒業式では「仰げば尊し」も歌うんですよ~! そんな中でも沢山のクリスチャン・ソングやPOPSなど・・・楽しく演奏しました~。みんな、おめでと~!!

ダバシュー

ヴァンダイク師匠のライブ

IMG_2948-640x300

3/30/2013 ウエスト・ロサンゼルスの老舗ギターショップ“McCabe’s Guitar Shop”ヴァン・ダイク・パークス師匠のライブステージを拝聴してきました。

ハープ、チェロ、コントラバス、ドラム、そしてアップライトピアノの楽器編成でした。

IMG_2950-300x248

各楽器の音圧とキャラを熟知した師匠の、非の打ち所が無いアレンジはあたかもフルオケを聴いているような迫力がありました。

ヴァン・ダイク師匠とは3年ぶりにお会いしましたが、御年70歳とは思えぬパワフルでシアトリカル【theatrical】なヴォーカルと風刺のきいたMCはご健在でした。

ヨシオ

フィリピンの少年野球をサポートしてます

dava_ginte2_2_2013_3_28

使わなくなったリコーダーを日本の子供たちから貰ってきて、フィリピンの子供たちにプレゼントして音楽を楽しんでもらうプロジェクトに携わりもう10年たちますが・・・。

この少年野球も同様に古くなった野球道具を日本で集めて頂きフィリピンの子供たちに使って貰います。このプロジェクトも8年目。熱帯フィリピンの照りつける太陽の下で走りまわり熱戦を繰り広げる子供たち、頑張れ!

ダバシュー

dava_ginte2_1_2013_3_28

シブタニ村は桜が満開

th_1桜丘3_23

Yoshioさん、ダバさん、東京は桜が満開です。

今年の1月にマルヤマチョーからウグイスダニに引っ越しました。日暮里の隣のあの鴬谷ではなく、同じくシブタニ村内のウグイスダニです。かつてあった「ヤマハのエピキュラスホール」の近所です。

写真の桜並木は新しい通勤路で、今日も満開の桜を眺めつつ急な坂を下ってきました。桜はすっかり3月の花になってしまいましたが、今年は特に早いようです。しばらく通勤が楽しみです。

林裕之(元銀河鉄道ロードマネージャー a.k.a.寅)

“McCabe’s Guitar Shop” ライブステージ

McCabe's Guitar Shop

ウエストロサンゼルスの老舗ギター屋 “McCabe’s Guitar Shop”です。ここのギター・セレクションは最高で、いつもに涎を押さえながらビンテージアコギを鑑賞しています。メンテも定評があり一度、僕の56年型のGibson J-50をメンテに出したのですが、とても良い状態に調整してくれました。

“McCabe’s Guitar Shop”の裏には、小さなライブステージがあります。今日(24日)はジャニス・イアンさんのライブでしたが、売り出しと同時にSold Out!でも、今週末のヴァンダイク・パークス師匠ライブのチケットはゲットできました。(楽しみです)

10年以上前に不肖ヨシオがヴァンダイク師匠の歌詞に曲をつけたコラボ曲が2曲あります。当時、互いの音楽出版社との間で契約の折り合いがつかず、未だにお蔵入りとなっています。死ぬまでにコラボ楽曲が世に出るようにと、祈るばかりです。

ヨシオ

IMG_2875

シュガーマン 奇跡に愛された男

シュガーマン
デトロイトに住むアメリカ人「ロドリゲス」に起きた奇跡の物語り。アメリカで6枚(劇中の言葉)しか売れなかったLPが何故か遠く離れた南アフリカ で大ヒット!

ビートルズの”アビィロード”やサイモンとガーファンクルの”明日に懸ける橋”をしのぐほどの熱狂的な支持を得ながら、誰ひとり彼の実態を知らず、また「ロドリゲス」もそんな事態になっているとはつゆ知らず、

労働者として一生懸命働き家族を支えていたのです。それが、ある日・・・後は本編を 是非!

昨日の「ジャーニー」の新ヴォーカリスト、アーネル・ヒネダも、今日の「シュガーマン」のロドリゲスも、とにかく人間が素晴らしい。そこに一番打たれました。特にロドリゲスさんの現在が素晴らしく、ホントにカッコいい!

林裕之(元銀河鉄道ロードマネージャー a.k.a.寅)

『シュガーマン 奇跡に愛された男』
http://www.sugarman.jp/