筆記体書けますか?​

毎度のラジオから仕入れたネタで恐縮です。今回は筆記体のお話しです。最近の子どもは筆記体を習っていないとラジオで聞きちょっとびっくりしたのです。

中学生なって英語を習い始めた頃、キレイな筆記体で書かれた英文字は憧れでした。灰色の表紙の五線譜のような練習帳で大文字、小文字がキレイに書けるように練習したものです。

その​筆記体​ですが、​試験の​解答​の判別がしにくいなど教師側の都合もあったようで、2002年(平成14年)のゆとり教育導入と共に授業で教えなくなったそうです。なので、昭和生まれか、平成生まれかが筆記体の読み書き可能の分かれ目だそうです。

S​とか​Q​、それにK​の小文字​とか、​あの独特な文字を読めない人が増えているんですね。ちょっと寂しいかな。

まぁ、下手クソで毛玉のような筆記体の解答用紙を​、​判読しなければならない先生の苦労も分かりますし、近頃では日本語でさえ手書きはめっきり減って、たまに書くのは住所と名前ぐらいの生活ですから、英語の筆記体など尚更書く場面がありません。

そういえば、海外旅行でするサインは他人に真似されないように、キレイ​な文字​ではいけないと教わった事を突然思い出しました。

パソコンやスマホの普及で手書きそのものが減りましたので、本場アメリカでもあまり​筆記体事情は​変わらないそうですが、​手書き​サイン​が​必要なお国​の実情はどうなのでしょう​?​ちょっと気になります。

筆記体変換サイトがいくつかありました​ので自分の名前を変換してみました​。但し、変換した文字をコピペしたら Hiroyuki Hayashi となってしまいましたので、スクショしました。​Kがいいですねえ。​

筆記体変換サイト
http://hikkitai.com/
http://www.kenjisugimoto.com/cursive/

筆記体事情はこちらに詳しく書かれています。

英語の筆記体って,今は学校で習わないの? 【英語】学研出版サイト
http://hon.gakken.jp/reference/column/Q-A/article/100721.html

寅(a.k.a.林 裕之)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  

ライフスタイル・ブログ情報