雨が続けば水の底? ハザードマップで住まいをチェック!

今日もめちゃくちゃ暑いです! 昼休みに外を歩くと病的な暑さでした。

昨今の異常気象は気温だけでなく、記録的豪雨とか、記録的長雨などもあり今年も西日本で大きな被害を生み出しました。被災された方々には改めてお見舞い申し上げます。

僕やヨシオさんが育った東京の東の片隅、足立区や葛飾区は海抜より低いいわゆる0メートル地帯が多く、我々が生まれ昭和31年の少し前までは、近くの中川が氾濫して床下、床上浸水は何度かあったそうです。

その後の護岸工事で土手(堤防)は高くなり、生まれてから61歳の現在まで川の氾濫はなく幸いにも被災したことないので、どこか堤防決壊や洪水は他人事のように呑気に過ごしていました。

けれど、50年に1度の今まで経験したことのないような異常気象が毎年のように起こる、まさに異常な気候になってしまった昨今は、これまでのようにのんびり構えていれません。

なんて、思っていたら、普段何度も通り過ぎた電信柱に写真のような看板が貼り付けてあったのです。

荒川が氾濫したら亀有公園付近は2mも浸水

荒川が氾濫したら、亀有公園付近は2mも浸水するのだそうです。荒川は割と遠いのにこの深さ、ってことは近くの中川なら尚更でしょう!

こんな当たり前のことなんですが、恥ずかしいですが、ちっとも知りませんでした・・・。

家に帰って改めてハザードマップを確認すると、どの川が決壊しても実家のあった下町方面は厳しい色で塗りつぶされていました。

避難場所や備品の再点検

今まで天変地異といえば、なんとなく地震ばかりを想定していましたが、それではいけないと、避難場所や備品の再点検をしたのでした。

皆さんの住まいも調べてみる価値はあると思います。資産価値なんかも影響しますよね。下記サイトに載っていますのでチェックしてみてください。

国土交通省 「わがまちハザードマップ」
https://disaportal.gsi.go.jp/hazardmap/publicate/index.html?code=1

寅(a.k.a.林裕之)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  
ライフスタイル・ブログ情報