上級者の皆さんには鼻で笑われそうな〜初体験のMac OS High Sierra(ハイシエラ)アップグレード

Mac OS High Sierra

上級者の皆さんには鼻で笑われそうな〜初体験のMac OS High Sierra(ハイシエラ)アップグレード・・。本業でパソコンを導入した時に勧められたのが、Macでしたので、それ以来のMac派です。(ホントはこれしか使えない・・・)

こなせるのはメールやネットサーフィン(死語?)が主で、ごくたまに、パワポ(今はKeynote)でのプレゼン資料作りに四苦八苦するくらいのレベルです。自己診断では「情弱の上?」かな。

原稿を書いたりする時のタイピングは右指3本、左指2本のフィンガー5です。家内のDE-OILブログも林歯科のブログもWordPress、林歯科サイトの構築など、セキュリティ対策含めて全てヨシオさんの会社のマイクさんに仕切って貰っています。

家での相棒Macは去年買い換えたMacBook Air最後の11インチ。職場では2011年のiMacをご機嫌を伺いながら使っています。

思い切って最新のMacOSをHigh Sierra(ハイシエラ)にしてみました。

今までアプリの更新はしても、OSのアップグレードは怖くてしたことがなかったのですが、今回思い切って最新のMacOSをHigh Sierra(ハイシエラ)にしてみました。

実はHigh Sierraの説明文の理解も覚束なかったのですが、どうやらiCloudとの連携が今までより格段によく、使うものだけがその都度モニターに登場するので、本機の負担が少なく快適に使えるらしいと読み取りました。(間違っているかもしれませんが)ならばやってみようと思ったのです。

さらに、職場で使っている旧型機にも対応していることにも背中を押されたのです。ちなみにiMacは(Late 2009以降!)が対象です。

まず、まだ新しい方ので不安の少ないMacBook Airでやってみました。大事なものは、Mac用のOfficeを購入した時に付いてきた1TBのOneDriveにも上げておいて、いよいよ開始!

上級者の皆さんはMac OS のアップグレードは「ゴミを残さずに綺麗にインストール出来る。」クリーンインストールが必須なのでしょうが・・、時間がかかる、データを一旦全削除の作業はせずに、そのまんまの状態でアップグレードしました。

小1時間かかりましたが、その間も落ち着かず、じっと白黒のリンゴマークを見つめてたりしました。

しかし、ビビリも杞憂で難なく終了。その後は拍子抜けするほど快適に使っています。ただ、画像縮小で使っていた超便利アプリのTh-MakerXが対応していないのが痛かったです。その他の方法を探るのに半日かかってしまいましたが、これも勉強で、プレビューの灯台下暗しの便利機能も覚えたりしました。

後日、職場の旧友Macも思い切ってアップグレード。古い機種に関わらず無事終了。すると、家Macも職場Macもぴったり同期。同じAppleIDだから当たり前なのかもしれませんが、これは非常に重宝しています。

デスクトップに保存したものが自動で同期されいつでもどちらのMacでも呼び出せるのがホントに便利。遅かった職場Macの動作も若干早くなりましたし、今までOSが古くてできなかったOfficeの更新もできました。

家Macと職場Macに瞬時に繋がります。

Mac OS High Sierra 2つのMacにいつでも繋がります

本音では新しいiMacが欲しいのですが、これで、もう少し長い付き合いができそうです。iPhoneのiOS11との相性が良いということですが、そこまで解るほどの使い手ではありません。

以上、上級者の皆さんには鼻で笑われそうな、初体験のOSアップグレードの顛末でした。

寅 (a.k.a.林裕之)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  

ライフスタイル・ブログ情報


macOS High Sierra
https://support.apple.com/kb/sp765?locale=ja_JP&viewlocale=ja_JP