銀河鉄道「ミルキーウェイ」ライナーノーツ

ミルキーウェイ | 銀河鉄道」 CDジャケット

1975年に故佐藤博のサウンドプロデュースで収録。

未発表のまま、2002年に復刻盤としてMIDI, INC.からリリースされた銀河鉄道セカンドアルバム | ミルキーウェイ。

ミルキーウェイ | 銀河鉄道

MIDI, INC. (MDCL-1421)

【収録曲】 1. 君の街 2. 朝のリズム 3. ショート・ケイク 4. 都会っ子 5. メリーのために 6. 夜の魔法 7. 素敵な日々 8. スケッチ 9. 石油ストーブ 10. Whisky Blue 11. Song For Me

「ミルキーウェイ」ライナーノーツ

林 裕之(元銀河鉄道、作詞担当)

銀河鉄道 | 牧良夫

「オレ、曲作ったんだ。歌詞付けてくれないかなぁ。」幼馴染みの牧良夫(写真右)にこう言われたのは1971年のある日だった。僕は牧のメロディーに合わせて 生まれて初めて歌詞を書いた。そして「遠い昔」という歌が生まれた。

その時、牧と僕は15才だった。年令とはギャップのありすぎるタイトルの歌だったけれ ど、この「遠い昔」がきっかけとなって『銀河鉄道』が誕生し、レコードデビューする事になるとは想像もしていなかった。さらに30年が過ぎた今、CDと なった『銀河鉄道』を手に、文字どうり僕らの「遠い昔」に思いを馳せてる事になろうとは....

銀河鉄道 | 鈴木大治郎

1970年代の中高生は誰もがギターをかき鳴らしていた。僕には楽器をこなす才能はまるでなかったのだが、牧はうまかった。牧と同じ団地に住む鈴木大治郎(写真: 左)もギターがうまい。それまでの近所のワルガキが音楽仲間に名前を変えていったのは高校生になった頃だ。僕らは夜な夜な牧の狭い部屋に集まり、レコード を持ち寄り、ギターを弾き、音楽にまみれていた。

キャロル・キング,ジェームス・テイラー,CSN&Y,あたりを起点に興味の対象は際限無く広がっていった。 FENを聴き、ミュージックマガジンを回し読みし、ロック、ブルース、ジャズ、ジャンルを問わずちょっとでも気に入った曲であれば、自然に心と身体に染み 込んできた。音楽は空気のようなものだった。似たような音楽少年と巡り会うのは、ほんの少し後の事になる。

その頃はフォークコンテストが花盛りで、規模の大小を問わずあちこちで開催されていた。牧は中学生の時からいろいろなコンテストに挑戦していた。日本のフォークシンガーのコピーでエントリーする参加者が圧倒的多数の中、牧の得意な歌はキャット.スティーブンスのコピー。ほとんどが初戦敗退だった。

やがて、オリジナル曲で文化放送主催の全国規模のコンテストに挑戦することを決心した牧は、自分の初めてのオリジナ曲「遠い昔」で1次予選を突破した。

2次予選は鈴木大治郎がリードギターで加わり勝ち上がった。(後にパーカッションに転向)東京都の代表になった時には、さらに2人のメンバーが加わっていた。

銀河鉄道 | 本田修二

2才年上の本田修二(写真:左)は、牧があちこちのコンテストに顔を出しているうちに友だちになったのだ。そのギターテクニックと、弦楽器なら殆どこなせる器用さには本当にたまげた。

銀河鉄道 | 佐藤信彦

佐藤信彦(写真:右)は、僕の中学時代の友だちが、進学先の高校にギターの天才がいると、たまり場に連れてきたのだった。2人とも僕ら同様、あるいはそれ以 上の音楽少年だった。好きなミュージシャンやアーチストが怖いくらい共通していた。

みんなすぐに意気投合し、4人組のバンド『銀河鉄道』が誕生した。僕は「遠い昔」の作詞者ということもあり、5人目のメンバーといったところだった。4人とも歌えるし、演奏も抜群にうまい、僕は彼等の才能と音楽センスが心底 羨ましかった。

「遠い昔」はアレンジを重ね完成度を増していった。間奏での本田さんと佐藤のツインリードのギターバトルにはプロも眼を丸くしていた。(残念ながらレコーディングはしていない。)何かが起りそうな気配を感じ始めていた。そして、その予感は適中する。

全国大会であっさり優勝してしまったのだ。平均年齢17才の最年少のバンドだったが、その実力はダントツだった。その時の審査員で、あの”はっぴいえんど”のディレクターの三浦光紀さんに誘われて、プロへの道を歩むことになる。しかし、4人のうち3人は高校生、しかもこれから2年生になるところだ。

大蔵博

それでも『銀河鉄道』を担当してくれた大蔵博(写真:左)は、辛抱強く僕らの面倒を見てくれた。月に1度、池袋のシアターグリーンでのライブを続けなが ら、メンバーそれぞれが歌を作り、お互いの家に集まっては練習を重ねた。まだウォークマンも無い時代、朝、好きな曲を1回聞かなきゃ学校へは行けないし、 ライブ会場へも制服のまま駆け付け、狭い楽屋で着替えてから演奏する。

そんな高校生活の卒業を待って1975年、僕ら18才、リーダーの本田さん19才の春、アルバムのレコーディングが始まった。

大蔵さんはメンバーのやりたいように、やらせてくれた。坂本龍一さんや、後藤次利さんをスタジオミュージシャンとして連れて来てくれたりもした。

僕らは生まれて始めてのレコーディングに没頭し、夢のような時間が流れていった。こうして1stアルバム『銀河鉄道』は完成し、7月に発売された。当時のレコード会社は、「Milky Way」と言う独自のロゴをデザインした販促用のTシャツやトレーナー、大量のポスターやパンフレットを作り、ラジオ出演など、プロモーションに力を注いでくれていた。

銀河鉄道ポスター

銀 河鉄道のアルバムは玄人には高い評価を得、FM東京の今月の推薦曲になったりしたものの、ちっとも売れなかった。今では考えられない事だけど、僕らの頭の中には「売れる」という意識が全くと言っていい程なかったのだ。

プロである以上売れなければ話しにならないのだが、それを意識することは、とてもカッコ悪 いことだと思っていた。メロディーも歌詞も感性が生み出すもので、おじさんの作詞家や作曲家が作った歌を、僕らと同世代のアイドル歌手の女の子に歌わせて 商売にしている世界には嫌悪感を抱いていた。それに、なにかで生計を立てるということがキチンと理解できる年令でもなかった。

それよりも、1stアルバムで自分達のサウンドを出し切れなかったという欲求不満が日増しに大きくなっていった。曲の完成度を上げる事ばかりに意識が集中し、出来上がったレコードを買って貰う事はどこかに飛んでしまっていた。

自分達をもっと表現したかったのだ。別の言い方をすれば、レコーディングの 魅力にハマってしまったのかもしれない。ライブでは一人のプレーヤーが複数の楽器を同時に演奏する事はできないけれど、レコーディングでなら重ね録りができるし、やってみたいアイデアは沸き上がっていた。

1stアルバムでは多数のスタジオミュージシャンの手を借りたが、リズム体も自分達でやりたかったのも大きな理由のひとつだった。鈴木大治郎はドラ ムに取り組んで半年も経っていなかったが、持ち前の才能と努力でドラムをものにしていたのだ。(なにしろどこへ行くにもスティック手放さない)

ドラム セットはN.G.D.B(ニッティー.グリティー.ダートバンド)の前座の出演を賭けたブルーグラスのコンテストで優勝し、その副賞で手に入れていた。(もちろんN.G.D.Bのコンサートの前座でステージにも上がった。)練習やライブでもアンプやドラムなど使う楽器が増え、大蔵さんに運搬用にオンボロのハイエースを買って貰い、僕はローディー兼運転手として、増々深く関わっていくようになっていた。

だから、もっと自分達を表現したいというメンバーの気持ちは僕も同じだった。大蔵さんはそんな僕らのわがままな願いを叶えてくれた。なんと同じ年の夏には再びレコーディングスタジオに僕らはこもり、レコーディングに夢中になっていた。

そして、出来上がったのが、この幻の2ndアルバム「Milky Way」だ。1975年に2枚のアルバムをレコーディングし、1stアルバムと2枚のシングルレコードは発売された。

2ndアルバムであるこの「Milky Way」は未発売のまま、翌‘1976年に銀河鉄道は突然解散してしまう。

今になっても、解散の明確な理由は解らない。2枚のアルバムで燃え尽きたと言うには若すぎる。ただ、バンドという集合体というよりは、4人のシンガーソングライターの集まりだったような気がする。4本の道がこの時期だけ1本の道になったんだと思う。それでも僕らにとって銀河鉄道を形にできたこの年 が、僕らの人生の中で特別な年であったことは間違い無い。

それにしても、バンド解散後、音楽界とは無縁の世界で生きて来た僕にとって、当時でもちっとも売れなかった1stアルバムが4半世紀後になって、再 評価されCDとして復刻されることすら信じ難いことなのに、僕らと大蔵さん以外に数人の記憶の片隅にしか存在しなかった幻の2ndアルバム「Milky  Way」が、文字どおり新譜として世に出るなんて、本当に夢をみているんじゃないんだろうか?

銀河鉄道が活動していた1975年当時は、オイルショックの影響で、今と同じように不況の嵐が吹き荒れていた。一時帰休や自宅待機、今で言うリストラが盛んで、僕のその後の進路にも大きな影響があった。

アコースティックサウンドが見直され、ブームになりつつあることと、当時と今の世相が似通っ ているのも偶然の一致なのだろうか?いずれにしても、僕らの音楽が世に出る時、世の中の景気が悪いのは辛い話だ。

しかし、1stアルバムを復刻してくれた若いスタッフによると、決して懐古趣味ではなく、現時点でも充分通用するし、却って新鮮に感じているとのこ と。なんとも、照れくさいような、嬉しいような、実に不思議な気分だ。何でも世相と結び付けて考えてしまうことの方に無理があるのかもしれない。年を感じ てしまう。

でも、このアルバムには当時のままの僕もいる。45才になった今でも2枚ともすごいアルバムだと思う。ひとりでも多くの人に聞いて貰いたい思いは 18才の時のまま少しも変わらない。語り継いでくれた人々と、幻を形にしてくれた方々、そして、このCDを聞いてくれている全ての人に、メンバーを代表し て心より感謝いたします。

銀河鉄道 | 林裕之
林 裕之



ミルキーウェイ | 銀河鉄道

発売日:2002/3/13 | 発売元:MIDI, INC. (MDCL-1421) | 価格:¥3,150円(税込)

Posted by GINTE2