○○になっても、峰 不二子のようでいたい・・老舗ラブホ、夏の名言は大傑作!

渋谷東急本店は高級住宅街の松濤に隣接しているためか、地下の食料品売場もちょっとお高い食材があり、松濤マダムの御用達の趣は独特です。

わが家でもここでしか手に入らない食材が2つだけあり、それを買うために月に一度くらい訪れます。

その時、近道として通り抜けるのが円山町のクラブ街。クラブが林立するのですっかりクラブ街として定着しましたが、ラブホも混在する不思議な通りで、吾々の世代は円山町と言えばラブホ街でした。

この通りの道玄坂寄り、円山町の入り口にあるのが老舗和風旅館のW。これまで何度か紹介していますが、ここの板塀には不定期に名言?が飾られていて、ここを通る時のお楽しみになっています。

50になっても 60になっても 70になっても 峰 不二子のようでいたい

今年の春は従業員募集のお知らせで、何のひねりもなく、寂しい思いをしていたのですが、先日、久しぶりに目にしたものは、紛れもなく珠玉の名言!直ちに写メしました。

寅 (a.k.a.林裕之)

関連記事:このラブホの過去の名言はこちらです。

今だからできる・・今しかできないことがある
https://www.ginte2.com/post-5565/

そっと飛び上がってみようと誓った・・渋谷のお正月
https://www.ginte2.com/new_year_shibuya


にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  

ライフスタイル・ブログ情報