恋文横丁ふ〜らふ〜ら〜SHIBUYA・シマウマのブルース

恋文横丁記念碑

ダバ様 ヨシオ様、本日はギンテツ(GINTE2)の最新EP盤 Harana – バラック通りに咲く花”に収録された 「SHIBUYA-シマウマのブルース」の歌詞にも出てくる”恋文横丁”のお話です。

500恋文横丁ここにあり

「恋文横丁」は朝鮮戦争当時(1950年〜1953年)アメリカ兵相手のラブレタ-を英語のできない日本女性の依頼で書く代書屋が32軒あった一角の名称です。現在の百軒店と混同していましたが、もう少し下だったようです。

昭和40年に焼けてしまい、今ではこの記念碑(?)だけがその名残りです。”恋文横丁”つくづく切ないネーミングですねぇ。いろいろな物語があったんでしょうねぇ。

“恋文横丁”記念碑(?)は109ビル鯨料理の「くじら屋」さんの横にひっそり立っています。

そして、今”恋文横丁”のあった一角にそびえ立つのが若い娘たちの聖地109!そして性地”円山町”(?)時代を超えて若い娘に縁のある場所なんですねぇ。

500若い娘のメッカ109

♫ 恋文横丁ふ〜らふ〜ら♪ ありふれたラブレタ〜♫ ふられたらお涙ちょ〜だい ♫

寅(a.k.a. 林裕之)


GINTE2_HARANA
ギンテツ(GINTE2)の最新EPアルバム
Harana – バラック通りに咲く花 – GINTE2 (MP-10362)

【試聴】 SHIBUYA・シマウマのブルース | 歌・演奏:ギンテツ(GINTE2)
作詞: 林裕之 作曲:ヨシオ・J・マキ

歌詞_GINTE2_シマウマのブルース

© 2015 Maki Music Production, Inc. DBA Timo Music Publishing / ASCAP


にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ