ブタの住んでるウサギ小屋でスズメについて考えてみた

雀

今日はブタの住んでるウサギ小屋でスズメについて考えてみました。

11月に入って都心の樹々もほんのり色づき始めました。我がうさぎ小屋の5階の窓の隣には大きな樹があり四季の移ろいを楽しませてくれています。お隣の高級マンションの広場の欅(多分)です。

キッチンの窓からは、この樹と近くにある大きなお寺の庭の樹も見えて、得した気分の借景が窓枠いっぱいに広がります。

借景1

窓を開けられる朝はこの樹からチーチーと鳥の鳴き声が聞こえます。何の鳥だかわからないのが情けないのですが、心和みます。

借景2

鳥と言えば、朝はスズメのチュンチュンが相場だったはずですが、このところあまり見かけません。どうやら、世界的にスズメが激減しているらしいです。ちょっと古いですがこんな記事がありました。

いったいなぜ?日本のスズメが10分の1に激減…環境省の調査結果
http://labaq.com/archives/51413043.html

50年で90%減との説もありますから、子どもの頃はあんなに身近だったスズメが遠のいてしまっていたのもさもありなん。てことですかね。

原因不明だそうですが、スズメが減るなんて、何か寂しいですね。どうしちゃったんだろう?

柄にもなくスズメの心配をした朝でした。

寅(a.k.a.林 裕之)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ