噛み締めない生活

噛み締めない

銀河鉄道解散後、小さな紆余曲折の末、歯科技工士になりました。技工士になって10年経った頃、やや大きめの紆余曲折があり、「噛み合わせと全身は連動している」の、勉強を始めました。

今でこそ、「噛みあわせが悪いと、頭痛、肩こりの原因になる。」は、ほとんどの人が知っていますが、勉強を始めた30年前の状況を考えると夢のようです。何せ自分自身が一番疑っていたからです。

このあたりの話を始めるとかっぱえびせんになってしまうので、お役に立つかみ合わせ情報をひとつ。それは、「噛み癖が歯の寿命を縮める」です。人は緊張したり、集中したり、ストレスを感じると奥歯をギュッと噛みしめることがあります。この時に歯にかかる力は体重にも匹敵すると言われ、相当な過負担になります。

食べ物を噛む時以外に無駄な力が歯に加わると、歯と歯茎にダメージを与えます。この癖を繰り返すうちに虫歯や歯周病になり、やがて歯を失なってしまいます。歯の寿命が縮まってしまうのです。噛む筋肉も過負担で痛めますので、顔や頭、首すじが凝ったりします。

噛み締めの治し方

無意識にしてしまう癖なので、意識しないと癖を治すことができません。まず、下顎のエラの部分を指でアチコチ押してみて痛ければ噛み締めの癖ありです。この部分を軽くマッサージすることを新しい癖にすると、噛み締めはかなり良くなります。

その他に「噛み締めない」とメモして鏡やパソコンに貼って常に意識するようにするのことも効果あります。

歯は噛むための大切な道具ですが、どんな道具でも磨くだけじゃ長持ちしません。正しい使い方が寿命をのばすコツです。

寅(a.k.a 林 裕之)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ

ライフスタイル・ブログ情報
よろしければ応援クリックをお願いします。