なぜ、渋谷区はラブホテル規制を緩和するのか?愛も音楽もライブの街〜円山町

渋谷区は外国人観光客が多く訪れるのにも関わらず、宿泊施設の数は新宿区の4分の1、池袋のある豊島区の2分の1という状態です。
”時代に逆行? なぜ、渋谷区はラブホテル規制を緩和するのか”

しばらく前のthepage.jp/の記事なのですが、これを読んで、そういえば渋谷はフツーのホテルが少ないなあと思い当たりました。

どうも、若い人が多い街なので教育上ラブホ規制をした結果が裏目に出たようです。ダブルベットが多いとフツーのホテルとは認めないとか・・・東京五輪を控えて宿泊施設不足に慌てだしたようです。

渋谷のラブホ街といえば円山町ですが、この一画は、ライブハウスやクラブ街でもあって、ラブホから出てきたカップルの前にはライブを待つ長蛇の列。なんて光景が当たり前の、愛も音楽もライブが共存?している一画なのです。

どの時代も大人の思惑とは別次元で生きるのが若者です。外人さんにはこんな渋谷も観ていただきたいものです。

この写真は百軒店の道玄坂入り口とは反対側、円山町よりの入り口(出口?)から撮りました。月曜朝の風景です。

500%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%9b%e3%81%a8%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%99

左はTSUTAYAがやっている大きなライブハウス、その前にはずらっとラブホ。その向かいにはクラブエイジア・・・  この辺り週末は若者でごった返しています。

寅(a.k.a.林 裕之)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ

ライフスタイル・ブログ情報