ジャコパスのドキュメント映画「JACO」観てきました。

ジャコパスのベース革命が大物ミュージシャンたちに与えた計り知れない衝撃と嫉妬が証言と映像で構築されてゆきます。前半はプラベート映像が結構残っていて、彼の人となりが伝わります。

後半からはヒリヒリするような展開、表現者の苦悩などと言ってしまうのは陳腐ですが、かっこ良すぎて切ないドキュメントでした。

生前の彼のプレイを見ることが出来てつくづく良かった。ウェザー・リポートのライヴで、38年前の1978年6月28日、東京厚生年金会館でした。名曲「バートランド」のイントロをジャコがベースで弾き始めた、その時の衝撃は今でも忘れません。

映画の中でJacoが「京王プラザのバーで日本酒を呑みながら泣いていた。」との証言があるのですが、この時の彼の言葉が後の彼を暗示するようでとても印象に残りました。

他にもいろいろ書きたいのですが、ドキュメンタリーは何を書いてもネタバレになってしまうのがもどかしいです。

シネマカリテの最終日で観たのですが、シネマート新宿 ➡︎ http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/  は、12月24日(土)より2週間限定上映だそうです。

寅 (a.k.a.林 裕之)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ

ライフスタイル・ブログ情報