アナログレコード盤は宝の山・・

5年ほど前から断捨離を決め込んで以来、不要なもの、数年間ストレージとクローゼットの肥やしになっていたモノは捨てまくり。

今では90%ぐらい片づいた感じで、身の回りには数少ないトキメキのヴィンテージアイテムばかりが残りました。

で、いままで手付かずだった会社の倉庫の片付けをしました。契約書、税務関係の書類、アー写、アナログ・マスターテープ、etc..

日本のレコード会社から独立し、今の制作会社を立ち上げたのが、1992年(26年前)。忘れかけていた懐かしいシロモノばかり。

その中にアナログレコードがぎっしり詰まった段ボール箱を3つ📦発見。

50年代〜60年代のJazz。70年代のシンガーソングライター系。それに未開封の80年代フュージョン系のサンプル盤もたくさんありました。

銀河鉄道のアナログ盤再発を機に、ターンテーブルなどインフラは整っていたので、ここんとこ仕事のBGMはアナログ音源です。

で、こちらのオークションサイト、eBayで、自分が気になってる中古アナログ盤をチェックしたのですが、ちょっとした名盤は高額で、特にメジャーなアーティストのハーフスピードマスター盤、サンプル盤が高値で売られています。

(その気はありませんが)今回、倉庫でディスカバーしたアナログレコードを全部処分したら日本行き🇯🇵の往復航空券が買えて、ついでにホテル代まで出ちゃうかな?って感じです。

アナログ回帰の昨年はめんどくせぇ〜と感じてた、20分毎にレコード盤を裏返したり、とっかえたりする作業も今ではオツなもの・・。

CDなどデジタル音源からアナログレコード盤への逆行は、僕の残りの人生をちょこっと暖かく、優しく、そして豊かにしてくれそうです。

ヨシオ・J・マキ(a.k.a.牧良夫)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  
ライフスタイル・ブログ情報